細かい作業を快適にしてくれるおしゃれなおすすめアームランプ

細かい作業を快適にしてくれるおしゃれなおすすめアームランプ

細かい作業などで光源を手元に寄せたいときには非常に便利なアームランプ。タスクライトとも呼ばれ、アームの角度や位置を調整して照らしたいポイントを照らせるライトです。
今回はスプリング式アームランプの元祖でもあるアングルポイズや、日本のタスクライトの元祖的存在である山田照明のZライトシリーズなど、実用的で機能的なだけでなく、デザインがおしゃれなものをまとめました。
機能美とデザイン性が両立したアームランプ。伝統ある歴史と現代の技術の粋を感じてみてください。
すべて見る
今回セレクトした8商品
ANGLEPOISE(アングルポイズ)オリジナル 1227 デスクライト
ANGLEPOISE(アングルポイズ)オリジナル 1227 デスクライト
ANGLEPOISE(アングルポイズ)Type75 & Type75 Mini デスクランプ
ANGLEPOISE(アングルポイズ)Type75 & Type75 Mini デスクランプ
JIELDE(ジェルデ)333 SIGNAL DESK LAMP
JIELDE(ジェルデ)333 SIGNAL DESK LAMP
Artemide(アルテミデ)Tolomeo tavolo(トロメオ タボロ)mini LEDタイプ
Artemide(アルテミデ)Tolomeo tavolo(トロメオ タボロ)mini LEDタイプ
ARTWORKSTUDIO(アートワークスタジオ)Engineer desk light(エンジニアデスクライト)AW-0419
ARTWORKSTUDIO(アートワークスタジオ)Engineer desk light(エンジニアデスクライト)AW-0419
山田照明 Z-LIGHT LEDデスクライト Z-108LED
山田照明 Z-LIGHT LEDデスクライト Z-108LED
山田照明 Z-LIGHT Z-70
山田照明 Z-LIGHT Z-70

スタンドタイプのアームライト

タスクランプの象徴。ANGLEPOISE(アングルポイズ)オリジナル 1227 デスクライト

タスクランプの象徴。ANGLEPOISE(アングルポイズ)オリジナル 1227 デスクライト

出典元:rakuten.co.jp

イギリスを代表するデザインのひとつであるANGLEPOISE(アングルポイズ)ランプ。天才エンジニアと呼ばれたデザイナー、ジョージ・カワーダインによって80年も前に誕生しました。スプリング式デスクランプの元祖と呼ばれ、タスクランプの象徴として愛されつづけています。75周年を迎えた2009年にイギリスで「英国を代表する10のデザイン」という記念切手が発売されましたが、そのひとつとしてこのANGLEPOISEが選ばれました。同年、初期の1935年に作られた「model1227」の復刻版として再発売されたのがこの「オリジナル1227」です。3本のスプリングでアームのスムーズな動きを実現し、バランスを保っています。レトロかつインダストリアルなデザインですが、部屋の雰囲気を問わず活躍してくれます。

レトロさと新しさの融合。ANGLEPOISE(アングルポイズ)Type75 & Type75 Mini デスクランプ

レトロさと新しさの融合。ANGLEPOISE(アングルポイズ)Type75 & Type75 Mini デスクランプ

出典元:rakuten.co.jp

同じくANGLEPOISEのアームランプ。こちらはType75シリーズと呼ばれるスタンダードモデルです。2004年、世界的に有名なデザイナーであるKENNETH GRANGE (ケネス・グランジ)が、70年代のニュアンスを活かしつつ現代的にリデザインしました。アームの動きのフレキシブルさは他の追随を許しません。ミニサイズのType75 Miniもラインナップされています。カラーはジェットブラック・ブラッシュドアルミニウム(シルバー)・ジャスミンホワイトの3色展開。インダストリアルなデザインではありますが、レトロなものと新しいもの双方の魅力を兼ねそなえており、どんなインテリアにも馴染んでくれます。

世界のスタンダード。JIELDE(ジェルデ)333 SIGNAL DESK LAMP

世界のスタンダード。JIELDE(ジェルデ)333 SIGNAL DESK LAMP

出典元:rakuten.co.jp

フランスの有名メーカー『Jielde(ジェルデ)』のデスクランプ。創業者のJean-Louis Domecq(ジャン ルイ ドメック)がデザインし、1950年から現在に至るまで今なお作りつづけられています。ワイヤーレス・ジョイントという断線の心配がない技術はJieldeが特許を取得。現在も専門の職人によって手作業で一つ一つ丁寧に作られており、その高い品質が世界中で支持されています。ロボットの頭のようなヘッドがユニークですが、シンプルなデザインのためアンティークな部屋でも違和感なく溶け込んでくれるライトです。

上質なアルミボディ。Artemide(アルテミデ)Tolomeo tavolo(トロメオ タボロ)mini LEDタイプ

上質なアルミボディ。Artemide(アルテミデ)Tolomeo tavolo(トロメオ タボロ)mini LEDタイプ

出典元:rakuten.co.jp

1959年に創業したイタリアの照明メーカー『Artemide(アルテミデ)』のデスクライト。Michele De Lucchi(ミケーレ・デ・ルッキ)がデザインし1987年に発売されて世界的なベストセラーになったモデル『TOLOMEO(トロメオ)』のLED版です。一見して目にとまるのがアームに沿って張られているワイヤー。内部のバネの力がワイヤーに伝達され、その張力で全体を支える構造になっています。シェードから伸びたハンドルを使うことによって、ライトの熱を気にせず位置や角度を調整することが可能です。また上部からわずかに光がもれる設計になっています。灯具スイッチはON/OFF以外に調光も可能。ポリッシュ仕上げのアルミニウムが高級感を醸しだし、デスクの上を美しく見せてくれます。コンパクトなサイズでデスクの種類を選ばず、光量も十分なためデスクワークに役立ってくれるライトです。

メカニカルなヴィンテージテイスト。ARTWORKSTUDIO(アートワークスタジオ)Engineer desk light(エンジニアデスクライト)AW-0419

メカニカルなヴィンテージテイスト。ARTWORKSTUDIO(アートワークスタジオ)Engineer desk light(エンジニアデスクライト)AW-0419

出典元:amazon.co.jp

国産ブランド『ARTWORKSTUDIO (アートワークスタジオ)』のアーム式デスクライトです。一見して目にとまるメカニカルでハードなデザインは、サイバーなSF映画に出てきそうなイメージ。ベース部分は黒皮鉄仕上げという加工がほどこされ、独特の重厚感を出しています。ヴィンテージ感を醸しだすために、細めのツイストコードなど各種パーツや塗装にもこだわって作られており、ハードでインダストリアルな外観ながら、アンティークなニュアンスも持ちあわせた不思議な魅力のライトです。広い可動域や自由な角度調整など、ルックスだけでなく実用性にもあふれています。電球を変えて違う雰囲気を楽しむのもおすすめ。男性の部屋に特におすすめなデスクライトです。

クランプ式のアームライト

軽くて高性能。山田照明 Z-LIGHT LEDデスクライト Z-108LED

軽くて高性能。山田照明 Z-LIGHT LEDデスクライト Z-108LED

出典元:rakuten.co.jp

山田照明製、50年以上の歴史をもつZ-LIGHTシリーズのアーム式デスクライト。こちらはLED電球を搭載したモデルです。4本構成のアームはアルミ製で、高い耐久性をもちながら軽く作られています。同梱のクランプでデスクに固定して使うため、スペースを取らず作業の邪魔になりません。反射鏡設計によって照明効率も向上しています。価格帯もリーズナブルで、子供の勉強机などにもおすすめです。
勉強用の机を購入したので、あわせて購入致しました。Zライトと言えばやはりこれですね!!
シンプルですが安定感があり、ほどよい明るさをキープしてくれます。とても満足しています。

出典元:amazon

色温度が調整可能!山田照明 Z-LIGHT Z-70

色温度が調整可能!山田照明 Z-LIGHT Z-70

出典元:amazon.co.jp

こちらも山田照明の定番Z-LIGHTシリーズ。特徴的な薄い円形のシェードと、細さと耐久性を兼ね備えた新開発のアームがスタイリッシュな外観です。点灯時のまぶしさを軽減するソフトスタート機能付きのスイッチは、明るさと同時に色温度が無段階で調整できます。前回終了した明るさ・色温度を記憶する「ラストメモリー機能」も搭載。多重影をなくし、LEDのまぶしさを軽減させる設計により、やさしい光でデスク上を照らしてくれます。

Z-LIGHTシリーズのベストセラー。山田照明 Z-LIGHT Z-208

Z-LIGHTシリーズのベストセラー。山田照明 Z-LIGHT Z-208

出典元:amazon.co.jp

1988年のグッドデザイン賞を受賞した、山田照明・Z-LIGHTシリーズのベストセラーモデル。こちらは蛍光灯タイプです。トライアングルシェードがデスク上をワイドに照らしてくれます。シンプルなデザインは鴨志田厚子によるもの。新機構のネックジョイントによりスムーズに動くシェードで、フレキシブルに角度を調整することができます。またインバータにより省エネにも貢献。自宅のデスクだけでなく、オフィスのデスクにも適しているロングセラーモデルです。
作りは頑丈で、明るさも申し分ない。スイッチの位置も使い勝手が良く、なによりコストパフォーマンスが探した中ではベストだった。

出典元:amazon

スタンドタイプとクランプ式どちらを選択するか

スタンドタイプとクランプ式どちらを選択するかのイメージ画像

出典元:photo-ac.com

クランプ式ライトのメリットは言うまでもなく省スペース性です。ベース部分がないため、デスクの上をより広く使いたい場合には最適といえます。デメリットとしては、デスクの外にクランプ部分がはみ出すので、壁ぎわでスペースがない場合設置できないことと、デスクとクランプの間に挟むものがない場合、デスクにキズが付いてしまう恐れがあることです。
一方でスタンドタイプにも、デスクの形状を問わず設置・移動が簡単なことや、ベース部分があるので安定性が高いことなどメリットがあります。
設置したあと動かす可能性があるならスタンドタイプ、固定してもいいのでとにかくデスク上を広く使いたいならクランプ式と、目的に合わせて選ぶのがポイントです。

TOP画像:rakuten.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

細かい作業を快適にしてくれるおしゃれなおすすめアームランプの商品リスト

すべての雑貨セレクトから選ぶ