おしゃれで高級感がある海外ブランドの革製ブックカバーおすすめ8選

おしゃれで高級感がある海外ブランドの革製ブックカバーおすすめ8選

読書をする方の中には、ブックカバーを愛用している方も多いのではないでしょうか。特に、革素材のブックカバーはマットな質感や独特の光沢が美しいですよね。
今回は、最高級革を使用したイギリス製品・インドの伝統的な革製品・やさしい風合いのイタリア製品など、さまざまな国のおしゃれなレザーブックカバーを厳選しました。文庫サイズ・単行本サイズなどさまざまなものを紹介しています。
高品質なプロダクトは、持つだけで気分を高めてくれるもの。おしゃれなデザインの海外ブランド製ブックカバーを使えば、本を衝撃から守るだけではなく、読書がもっと楽しくなりますよ。

海外ブランドのおしゃれな革製ブックカバー8選

スコットランドの最高級革。GLENROYAL(グレンロイヤル)Book Cover 文庫本サイズ

スコットランドの最高級革。GLENROYAL(グレンロイヤル)Book Cover 文庫本サイズ

出典元:rakuten.co.jp

トラディショナルな品質と、時代に合わせた機能性を両立した商品を製造しているスコットランドの革小物ブランド『GLENROYAL(グレンロイヤル)』。1979年、スコットランドの中西部に位置するエア・シャーでMr. Peter Pattison(ピーター・パティソン)が設立したこのブランドは、Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス)やETTINGER(エッティンガー)と並び「英国御三家」と称されています。このブックカバーに採用されている素材は、高級レザーであるブライドルレザーの中でも最高級の「フルブライドルレザー」。年を経るにつれて色合いが変化していくエイジングを楽しめるほか、耐久性にも優れているので、長年使い続けることによって愛着のわく一品に。カラーバリエーションは、オーベルジーン(パープル)・オックスフォードタン・ハンターグリーンなどの全9色展開です。

イギリス御三家のひとつ。Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)BOOK COVER 本革ブックカバー

イギリス御三家のひとつ。Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)BOOK COVER 本革ブックカバー

出典元:rakuten.co.jp

1875年に創業してから現在まで、ハイクオリティな馬具や財布・バッグなどのレザー商品を作りつづけるイギリスのブランド『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』。頭文字を取って「WHC」の名で親しまれているこのブランドも、GLENROYALやETTINGERと並ぶ英国御三家のひとつです。ブライドルレザーを使い、職人がハンドメイドでひとつひとつ仕上げています。使いこむほどに革が本となじみ、見た目も味わい深くなっていきます。横16.5cm×縦30.8cmの文庫本サイズ。カラーバリエーションは、NEWTON (ニュートン) ・HAVANA (ハバナ)・BLACK (ブラック)などの全6種類です。

インドのヤギがキリンに?山羊革 文庫本ブックカバー キリン

インドのヤギがキリンに?山羊革 文庫本ブックカバー キリン

出典元:rakuten.co.jp

インド東部のシャンティニケタン。平和郷を意味する名前をもつこの地から生まれた山羊革工芸品「シャンティニケタニ」は、アジア初のノーベル賞を受賞したインドの詩人・思想家のタゴールが日本に降り立った際、レザー加工の技術をインドへ持ち帰ったことで生まれました。かわいらしいキリン柄が描かれたこのブックカバーは、黒を基調にしていることもあり、ピンク色のキリンがより映えるデザインになっています。革製品にしては値段がお手頃なのも魅力のひとつ。職人がひとつひとつハンドメイドで着色している山羊革は、使い込むほど手に馴染んでいき、深みのある飴色へ変化していきます。大きさは文庫本サイズに対応。エイジングも楽しめる、かわいいブックカバーです。

イタリアの職人魂。IL BISONTE(イルビゾンテ)ブックカバー 新書用

イタリアの職人魂。IL BISONTE(イルビゾンテ)ブックカバー 新書用

出典元:rakuten.co.jp

1969年にイタリア・フィレンツェにて生まれた革小物ブランド『IL BISONTE(イルビゾンテ)』。職人であるWanny Di Filippo(ワニー・ディ・フィリッポ)が設立したこのブランドは、ユニークなデザインと水牛(ビゾンテ)のマークを特徴とし、ハンドメイドで作られています。このブックカバーも、無地のレザーにブランドロゴのみというシンプルなデザイン。ブックマーカー(しおり)が本体に付属しており、バッグの中でも折れたり紛失したりする心配がありません。18.5cm×12cmの新書サイズで、ベージュ(ヌメ)・ブラウン(ヤキヌメ)・ダークブラウンなど全11色という豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつ。ビジネスでもプライベートな場でも使える大人のブックカバーです。
とても高級感がありました。
買って良かったです。

出典元:楽天市場

ドイツの伝統技術。BREE(ブリー)ブックカバー LUND 120 ヌメ革

ドイツの伝統技術。BREE(ブリー)ブックカバー LUND 120 ヌメ革

出典元:rakuten.co.jp

1970年にドイツで生まれたレザーブランド『BREE(ブリー)』。伝統的な技術を継承しつつ、バッグや財布・その他小物などクオリティの高いレザー製品を生みだしつづけています。『Nature(ネイチャー)』シリーズの素材は、使いこむほどに味が出るヌメ革。植物タンニンで時間をかけてなめされた素仕上げで、長く使うことによって経年変化を楽しむことができます。無地のレザーにブランドロゴが刻印された、シンプルでユニセックスなデザインは使う人を老若男女問わず、ナチュラルなカラーはあたたかみを感じさせます。大きさは幅12.5cm×奥行0.5cm×高さ16.5cmの文庫本サイズ。シンプルな中にも高級感のただよう、おしゃれで上品なレザーブックカバーです。

洗練されたスイス製。BALLY(バリー)BLACK CALF PRINTED ブックカバー

洗練されたスイス製。BALLY(バリー)BLACK CALF PRINTED ブックカバー

出典元:rakuten.co.jp

1851年、スイスのシエネレベルトで生まれたファッションブランド『BALLY(バリー)』。創業者はCarl Franz Bally(カール・フランツ・バリー)。リボンメーカーからスタートし、靴メーカーとして成長した後、現在は財布やバッグなどの革小物も手がけるトータル・ファッションブランドへ変貌を遂げました。2016年には、世界最大のフラッグシップショップが日本にもオープンしています。子牛の皮をなめした最高級のカーフレザーを使ったブックカバーは、手に馴染みやすい質感と高級感あふれる見た目が特長です。デザインは、無地のレザーにブランドロゴが刻印されたシンプルなもの。ブラックカラーが手元をシックな大人の雰囲気に演出してくれます。

古文書がブックカバーに?PTM(ピーティーエム)ブックカバー グラフィア

古文書がブックカバーに?PTM(ピーティーエム)ブックカバー グラフィア

出典元:rakuten.co.jp

1986年にラファエル・フラスキーニによって生まれたイタリアの皮革ステーショナリーブランド『PTM(ピーティーエム)』。ブランド名であるPTMは「パーソナルタイムマネージメント」の略です。製造は主にフィレンツェにある工房でおこなわれています。洗練されたユニークなデザインが特長です。この『グラフィア』はフィレンツェの古書店に保管されていた、羊皮紙に書かれた古文書をデザインのモチーフにしたユニークな一品。焼けた質感までリアルに再現しています。素材は純植物性のタンニンなめしがほどこされた高級革カーフスキンのヌバック仕上げで、仕上げ剤による表面加工を最小限にとどめているのが特徴です。一体型の革紐のしおりやカードなどを挟めるスリットも装備しています。

イタリアの誇り。Pineider(ピネイダー)イタリア製 高級本革 ブックカバー

イタリアの誇り。Pineider(ピネイダー)イタリア製 高級本革 ブックカバー

出典元:rakuten.co.jp

かつてフランスの皇帝ナポレオンや自動車王フォードなども愛用し「イタリアの誇り」と呼ばれるトップクラスの革製品ブランド『Pineider(ピネイダー)』。1774年に創業者のFrancesco Pineider(フランチェスコ・ピネイダー)が、ルネッサンスの雰囲気を残すフィレンツェにて最初の店舗をオープンしました。イタリア製の高級本革を使い、伝統技術の粋を極めた熟練の職人がハンドメイドで仕上げているプロダクトの数々は、多くの著名人も愛用しています。このブックカバーはオールブラックで無地のシンプルなデザイン。手元に大人の余裕と高級感を演出してくれます。サイズは19cm×26cm。カードなどが収納できるポケットも付いています。まさに最高級と呼べるブックカバーです。

ブックカバーは日本独自の文化

日本独自の文化として、ブックカバーは外国の方が驚くもののひとつ。書店でカバーをかけてもらえることが当たり前のように感じる日本人からすれば、少し意外な気もします。
ブックカバーが社会的に浸透している日本では多くの製品が販売されており、そのデザインや機能性もさまざま。革製品はもちろん、洗濯ができるコットン製、完全防水仕様のものなど、多種多様なブックカバーがあります。
だからこそ、あえて海外ブランドの製品を選んで、人と違ったブックカバーを使うのも面白いですね。また老舗ブランドが多いのも、海外のレザー製品の特長。伝統に裏打ちされた高品質な革のブックカバーを試してみてはいかがでしょうか。

TOP画像:pixabay.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

今回ご紹介した商品リスト