陶器やステンレスなど。アンティークな雰囲気のミキシングボウル

陶器やステンレスなど。アンティークな雰囲気のミキシングボウル

材料をスムーズに混ぜられる、上質なミキシングボウルをご紹介します。今回は陶器製やステンレス製のほか、アンティークなテイストのボウルなどをセレクトしました。どれもデザインだけではなく機能的に優れているので、こだわりのボウルを探している人におすすめです。

アンティークな雰囲気を醸し出す陶器や銅のミキシングボウル

不朽のデザインボウル。MASON CASH(メイソンキャッシュ)CANE(ケーン)MIXING BOWL(ミキシングボウル)S12

不朽のデザインボウル。MASON CASH(メイソンキャッシュ)CANE(ケーン)MIXING BOWL(ミキシングボウル)S12 不朽のデザインボウル。MASON CASH(メイソンキャッシュ)CANE(ケーン)MIXING BOWL(ミキシングボウル)S12のイメージ画像

出典元:amazon.co.jp

1800年に創業したイギリスの『MASON CASH(メイソンキャッシュ)』は、材質や使いやすさを追求した陶器製のキッチン用品を作るブランドです。この『CANE(ケーン)』は、揺れやブレなどを感じさせないデザインパターンが印象的なミキシングボウル。口が広く低めに作られたフォルムが特徴で、片手でグリップしやすいのに加え壊れにくい丈夫な作りになっています。内側がホワイトカラーで、中に入れた物の色がわかりやすいのもポイントです。お菓子作りやパン生地をこねる作業以外に、シリアルボウルやサラダボウルとして使うのもおすすめ。多くのプロや家庭で愛され続けている、温かみのあるデザインのミキシングボウルです。

レトロでハイグレード。新光金属 純銅 ボール 27cm

レトロでハイグレード。新光金属 純銅 ボール 27cm

出典元:rakuten.co.jp

新潟・燕三条の『新光金属』が作る、素銅仕上げの深い桃色が美しいミキシングボウルです。高い熱伝導率を誇り、氷水や保冷剤につければ素早く冷やせるのが魅力。生野菜や魚を使った冷菜の完成度を上げてくれるほか、すり薬味や刻み薬味の鮮度を保つときにも役立つなど、アイデア次第でさまざまな場面で活躍させることができます。品のあるマットな光沢を放つ、レトロでおしゃれなミキシングボウルです。

シンプルな琺瑯やステンレスのミキシングボウル

ニオイ移りしにくい。懐かしい雰囲気。野田琺瑯 ボール 全白 28cm

ニオイ移りしにくい。懐かしい雰囲気。野田琺瑯 ボール 全白 28cm

出典元:rakuten.co.jp

1934年の創業以来、琺瑯製の生活道具を作り続けている『野田琺瑯』が手がけたミキシングボウル。琺瑯ならではの金属の堅牢性とガラスの滑らかさを併せ持っているのが特徴です。熱や水に強い作りで、食洗機やオーブンに対応。食材のニオイが付きにくいのもポイントです。サイズはこちらの28cmのほか、幅広い大きさがラインアップされています。全サイズ入れ子にできコンパクトにまとめられるので、サイズ違いで揃えるのもいいですね。熟練の板金工がひとつひとつ溶接し丁寧に作り上げた、どこか懐かしさが伝わってくるデザインのミキシングボウルです。

広く取られたフチ。Vita Craft(ビタクラフト)ミキシングボウル 3618 3619

広く取られたフチ。Vita Craft(ビタクラフト)ミキシングボウル 3618 3619

出典元:amazon.co.jp

アメリカ・カンザスシティで1939年に設立した『Vita Craft(ビタクラフト)』。高い機能性と品質を誇る調理器具を作るメーカーです。このミキシングボウルは、フチが広く取られ扱いやすいのがポイント。サイズバリエーションは大・中・小の3種類が用意されています。スタッキングできるので、それぞれのサイズを揃えても後片付けが簡単。料理の準備をスムーズにしてくれるミキシングボウルです。

メジャーカップや器にもなる。LOLO(ロロ)B STYLE KITCHEN(ビースタイルキッチン)メジャーボウル

メジャーカップや器にもなる。LOLO(ロロ)B STYLE KITCHEN(ビースタイルキッチン)メジャーボウル

出典元:rakuten.co.jp

『LOLO(ロロ)』のブランド『B STYLE KITCHEN(ビースタイルキッチン)』が作るメジャーボウル。灰色の目盛りが内側にプリントされている白磁器のミキシングボウルです。きゅっと外側に出た、注ぎやすい注ぎ口が付いているのが特徴。反対側のフチは広めに作られ、片手で簡単に持つことができます。実用性がありながら、清潔感のある上品なフォルムで食器としてテーブルになじみやすいのも魅力です。サイズは100ml・200ml・500mlの3種類が展開されています。100mlは、調味料を足すときや味見などに使いやすい大きさ。200mlは、ドレッシングなど複数の調味料を混ぜ合わせるときにも便利なサイズです。500mlは、しっかりと材料を混ぜるときやお菓子の生地作り、パン作りに適しています。底には段が付けられ安定感があるなど、料理をする人のことを考えて作られている機能的なミキシングボウルです。

混ぜる以外の機能も優秀なミキシングボウルたち

混ぜる以外の機能も優秀なミキシングボウルたちのイメージ画像

出典元:rakuten.co.jp

今回ご紹介したのは、材料を混ぜるだけではなくさまざまな使い方ができるミキシングボウルたち。料理を盛る器として食卓にアクセントを付けられるものや、食材のおいしさをキープしながら保存できるものをセレクトしています。調理や食事のスタイルに合ったものを選んで、それぞれの時間をより快適なものにしてみてくださいね。

TOP画像:amazon.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

陶器やステンレスなど。アンティークな雰囲気のミキシングボウルの商品リスト

すべての雑貨セレクトから選ぶ