3000円以下の大人向けなかっこいいシャープペンおすすめ集

3000円以下の大人向けなかっこいいシャープペンおすすめ集

いま男子中高校生の間でシャープペンが空前のブームになっているのをご存じですか?それも1000円以上の高機能シャーペンが品切れになるほど人気なのだとか。芯が回転して先がとがり続けるクルトガなど機能面に優れたものや、海外有名ブランドの製図用など高級シャープペンもよく買われているそう。
高級・高機能なシャープペンシルは書きやすさや使い勝手が全く違います。筆記時のストレスが少なくなればそれだけ文章を書く際の効率も上がりますよね。
今回は3000円以下で手に入る、おしゃれでかっこいい大人向けのシャープペンをまとめました。こだわりの1本を持つことによって得られる喜びを感じてみませんか。

シャープペンシルは和製英語?

結論から言うと「シャープペンシル」は和製英語のうえ、英語圏ではそもそもあまりシャープペン自体が使われないため、通じません。英語に訳すと「mechaniacal pencil」「lead pencil」などとなりますが、日常では単に「pencil」と呼ぶ人が多いようです。近年では「シャープペンシル」という言葉を知っている海外の方も増えてきているようですが、通じないと思っておいた方がいいでしょう。

日本メーカー製で3000円以下のシャープペン

永遠の男子の憧れ。ぺんてる シャープペン スマッシュ

永遠の男子の憧れ。ぺんてる シャープペン スマッシュ

出典元:amazon.co.jp

『ぺんてる』のロングセラーシャープペン『スマッシュ』。1986年に発売されてから30年以上経つにも関わらず、文房具店では今なお品薄状態というシャープペンです。芯をつかんで送り出すチャック部分が金属なため、強く書いても芯が引っこまないというプロ仕様。口金とグリップが一体化しているため耐久性の高い作りになっています。真鍮製のグリップに付いている立体的なラバーリブがすべり止めとなり、快適な書き味を実現。クセになる押し心地のノックボタンもスマッシュを象徴する特徴のひとつ。当時も今も「神シャープ」として少年たちの憧れの対象になっている高機能シャープペンです。
大人にとっては、なんだか懐かしい商品です。時代遅れ感すらあります。ところが子供の間で大人気で、実店舗ではなかなか手に入らないと聞き驚きました。本体と先端が繋がっているので指先が疲れにくいんだとか。太めでゲル状のグリップが付いた物が主流の中、昔ながらの物が人気があるって不思議ですね。良い物は変わらず良いのだということがわかりました。

出典元:楽天市場

高機能シャープの先駆け。三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ローレットモデル ガンメタリック

高機能シャープの先駆け。三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ローレットモデル ガンメタリック

出典元:amazon.co.jp

『三菱鉛筆』が2008年3月に発売した『クルトガ』。字を書くたびに芯が「クルッと」回転し「トガッた」芯をキープしつづける「クルトガエンジン」を搭載。常に一定の細さ・濃さで書きつづけることができる、まさに夢のようなアイテムとして「幻のシャープペン」と言われるほどの人気を博しました。このローレットモデルはスタンダードモデルと違い、細めのグリップにアルミのローレット加工が施され、グリップ感と高級感が向上しています。また低重心設計により安定した書き心地を実現。文具史に残るとさえ言われる、画期的な高機能シャープペンです。
適度な重さと持ちやすさのため常用してます。暫くはこれだけで良いかなと思っています。

出典元:amazon

極細スレンダーモデル。トンボ鉛筆 シャープペン ZOOM 707 SH-ZS1

極細スレンダーモデル。トンボ鉛筆 シャープペン ZOOM 707 SH-ZS1

出典元:amazon.co.jp

『トンボ鉛筆』の『ZOOM 707』。1987年に発売されたのち「レッド・ドット・デザイン賞」「デザインプラス賞」「バーデンヴュルテンベルグ州国際デザイン賞」を次々と受賞するなど、世界的にも評価されているシャープペンです。使いやすさを維持しながらどこまで細くなれるのかをコンセプトとした、約4㎜の極細ボディが最大の特徴。グリップ部にはラバーを用い、絶妙なウェイトバランスで心地よい書き味を生みだします。ノック部の伸縮ラバーやクリップに付いているボールなど、機能美と呼ぶにふさわしいデザインが魅力のシャープペンです。
デザイン性を重視しており、書き心地は微妙なのかと思って購入しました。しかし、書き心地も良く思ってた以上にスタイリッシュで良かったです。とにかくオススメです

出典元:amazon

不朽のロングセラー。トンボ鉛筆 シャープペン ZOOM 505shA SH-2000CZ

不朽のロングセラー。トンボ鉛筆 シャープペン ZOOM 505shA SH-2000CZ

出典元:amazon.co.jp

同じくトンボ鉛筆のシャープペンです。こちらはZOOMシリーズの第1弾として1986年に発売されたフラッグシップモデルで、高級感のあるアルミとラバーを使った極太のフォルムが特長。滑らずに安定した書きごこちをキープできるラバーグリップや、後ろにはめたままでもノックできるキャップなどこだわりの機能面に加え、低重心設計が筆記時の安定感をもたらします。カラーバリエーションはシルバー・アズールブルー・レッドなど5色がラインアップ。シンプルながら高級感あふれる、美しさと使いやすさが融合したシャープペンです。
シャープペンは落とすと壊れ易いのでキャップ付きのものを買ってみた所、高級感があり書きやすさもあり、気に入りました!

出典元:楽天市場

海外ブランド製で3000円以下のシャープペン

フルメタルボディの安定感。ROTRING(ロットリング)メカニカルペンシル 600

フルメタルボディの安定感。ROTRING(ロットリング)メカニカルペンシル 600

出典元:rakuten.co.jp

製図ペンで有名なドイツの老舗ブランド『ROTRING(ロットリング)』から1980年代に誕生した600シリーズのシャープペンです。高重心でバランスのとれた重量感があり、高級感溢れるオールメタルボディが安定感のある書き心地をもたらします。グリップ部分には滑り止めのローレット処理、ノック式のキャップには芯の太さを表示する小窓付きで、製図に対応。キャップ内には消しゴムも付属しています。カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色。ロットリングの代表的なアイテムとして愛されつづけるシャープペンです。
重量感もあり、とても書きやすいです。ほかのシャープペンが使えないですね。

出典元:楽天市場

世界の定番。LAMY(ラミー)SAFALI(サファリ)シャープペンシル

世界の定番。LAMY(ラミー)SAFALI(サファリ)シャープペンシル

出典元:rakuten.co.jp

ドイツの老舗『LAMY(ラミー)』が展開する『SAFALI(サファリ)』シリーズのシャープペンシル。軽量で丈夫なABS樹脂製のボディが特長です。グリップ部分には、人間工学に基づき正しいペンの握り方が身に付くようくぼみが設けられています。厚手の生地もしっかりとグリップしてくれる、大きめのワイヤー型クリップも実用性をアップ。カラーはブラック・ホワイト・イエローなど、ポップでカラフルな全7種類のラインアップです。シンプルながらユニークで特徴的なデザインは、LAMYを代表するプロダクトとして全世界で愛されています。

PARKER(パーカー)シャープペンシル IM GT S1142405

PARKER(パーカー)シャープペンシル IM GT S1142405

出典元:rakuten.co.jp

イギリス『PARKER(パーカー)』の『IM』シリーズです。エントリーモデルとは思えない高級感のあるメタルボディが手元をエレガントなものに。シンプルでモダンなデザインと機能性を重視し、持ちやすく確かな書き心地を実現。耐久性に優れた作りとスタイリッシュなフォルムは、伝統の技術と現代的な要素を併せ持っています。カラーはステンレスCT(クローム)とステンレスGT(ゴールド)の2色。クラシカルながらモダン、シンプルながら高機能と、高級筆記具としての実用性と美しさを兼ねそなえたシャープペンです。
適度な重量感があり、見た目も高級です。書き心地もいいのでお勧めです。

出典元:楽天市場

世界一愛されるペン。PARKER(パーカー)Jotter(ジョッター)コアライン

世界一愛されるペン。PARKER(パーカー)Jotter(ジョッター)コアライン

出典元:amazon.co.jp

同じくPARKERの『Jotter(ジョッター)』シリーズ、『コアライン』です。発売されてから60年以上経って生まれたリニューアルアイテムであるコアラインは、シンボルである矢羽クリップのデザインが旧モデルから変更となり、ボディ素材がプラスティックからステンレススチールへアップグレードされました。Jotterの持ち味である高い耐久性と書きやすさをそのままに、より高級感のある仕上がりになっています。カラーバリエーションはブルー・ブラック・オレンジなど計6色展開。高級筆記具の代名詞でもある、気品に満ちたペンです。

6角形の美しいボディ。CARAN d'ACHE(カランダッシュ)ペンシル 849 クラシックライン

6角形の美しいボディ。CARAN d'ACHE(カランダッシュ)ペンシル 849 クラシックライン

出典元:amazon.co.jp

スイスの老舗筆記具ブランド『CARAN d’ACHE』のエントリーモデル。1969年に発売されて以来ロングセラーとなっている、849コレクションのシャープペンです。MAISON DE HAUTE ECRITURE(メゾン・ドゥ・オート・エクリチュール=筆記具のオートクチュール)の理念に基づきデザインされています。鉛筆に近い六角形のボディとペン軸は、手にしっかりとフィット。ノックをする際も非常に軽く、静かな音がエレガントな印象を与えてくれます。カラーは、ホワイトやブラックなどのシックなものから、ブルーやレッドなど明るい色まで計5種類のラインアップです。
元々カランダッシュのボールペンを愛用しています。ボールペン同様、とても書きやすいです。

出典元:amazon

世界の歴史を記したペン。SHEAFFER(シェーファー)Sentinel(センチネル)SEN321PC

世界の歴史を記したペン。SHEAFFER(シェーファー)Sentinel(センチネル)SEN321PC

出典元:amazon.co.jp

1908年にウォルター・A・シェーファーによって創業され、100年以上たった今でも世界中で使われているアメリカの高級筆記具メーカー『SHEAFFER(シェーファー)』のスタンダードモデルシャープペン『Sentinel(センチネル)』。当時の首相・吉田茂が国連憲章調印式で『SHEAFFER』のペンを使用したほか、ニクソン・レーガンなどアメリカの歴代大統領たちも同社のペンを使用していたことから「世界の歴史を記したペン」として知られています。カラーバリエーションは、プラスチックレッド・プラスチックグリーンなど4種類のラインアップです。

シャープ芯もこだわって選んでみましょう

芯が折れるからという理由でシャープペンを敬遠している方もいらっしゃると思います。最近の高機能シャープペンの中にはとにかく芯が折れにくいものもありますが、デザインの面でどうしてもこのブランドのものを使いたいというときもありますよね。
シャープ芯にもいろいろあるのは分かっているけれど、そこまで深く探してみたことのない方は、ぜひこの機会に選んでみてください。折れにくさや太さ・硬さはもちろん、書いたときの抵抗や筆記音まで多種多様の芯が販売されています。
デザインは好みだけど書き味がしっくりこなかったペンはもちろん、気に入って使っているペンも書きやすさが全く変わる可能性がありますよ。せっかくのかっこいいシャープペンなので、芯までとことんこだわって選んでみてはいかがでしょうか。

またシャープペンと他のペンが一体になった多機能ペンや、ボールペン・万年筆なども紹介しているのであわせて参考にしてみてくださいね!

TOP画像:amazon.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

3000円以下の大人向けなかっこいいシャープペンおすすめ集の商品リスト

全ての雑貨セレクトから選ぶ